早めの予防が老眼対策になる~毛様体筋が衰えないようにする~

眼の老化を防ぐ

男の人と女の人

生活習慣の改善

人は加齢により老化が進みます。人の細胞は新陳代謝を繰り返し、細胞の若返りを図りますが、加齢により代謝スピードが鈍くなると新生細胞の生成も遅くなり、徐々に老化が進みます。眼も同様に老化が進みます。眼の老化を老眼と言い、早い人の場合40歳を過ぎたころから始まり、多くの人は60歳付近から急速に老眼が進みます。老眼は日本の9割に現れる現象で、発症年齢は異なるも、50代から発症するケースが多いと言われています。眼にある水晶体というレンズの役割を担う部分があり、毛様体筋という筋肉が伸縮することで、ピントを合わせているのですが、この筋肉の衰えと水晶体自体が硬くなることでピントが合わせ辛くなるのが老眼です。近くの字や物を見るとき、ぼやけて見えない状況となります。老眼になると老眼鏡や拡大鏡で矯正することで見えます。老眼を予防するためには、生活習慣の改善が必要です。眼に良い栄養素にルテインというものがあります。南瓜や人参、法蓮草など緑黄色野菜に多く含まれています。また、緑黄色野菜には多くのビタミンが含まれ、果物に豊富に含まれるビタミンCは目の疲れを回復する効果があります。海老や蟹などの甲殻類にはアスタキサンチンは目のピンと機能を改善し、キチンキトサンは自然治癒力を高めることで知られており、がん予防にも効果が期待できると言われています。これらの栄養素をしっかりと摂り、眼に入る紫外線の量を少なくすれば、老眼を予防することが可能です。外出時にサングラスをすることで老眼の予防となります。また、十分な睡眠で眼の筋肉をしっかりと休めリセットすることです。

Copyright© 2018 早めの予防が老眼対策になる~毛様体筋が衰えないようにする~ All Rights Reserved.