早めの予防が老眼対策になる~毛様体筋が衰えないようにする~

目の健康と生活習慣

困る人

目に良い生活習慣とは

老眼とは、40歳ごろから症状が出始める方が多く、65歳ごろまで進行していきます。老眼になると、小さな字は読みにくくなりますし、細かな作業がしにくくなって不便です。できるだけ老眼にはなりたくないですよね。生活習慣に気をつけることで老眼を予防できますし、健康的な生活を送ることができます。まず、目の健康に良い食べ物をとることが良いと思いますが、前提にはバランスのとれた食事が必要です。その上で、老眼予防に効果的な食品をとることをおすすめします。効果のある成分には、「ルテイン」、「アスタキサンチン」、「ビタミンB1、ビタミンC」があります。まずルテインですが、ほうれん草やかぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれています。アスタキサンチンは抗酸化作用の強い成分で、サケ、いくらなどに多く含まれています。ビタミンB1は豚肉、うなぎ、ビタミンCは、ブロッコリーやいちごなどの果実に多く含まれています。これらを組み合わせてメニューを考えてみると、一度に大事な成分がとれるので良いでしょう。豚肉とブロッコリーの炒め物やサケとほうれん草のグラタンなど、色々なメニューが考えられますね。また、食事以外でも予防できる方法があります。夏は特に気になる紫外線ですが、目にも実はよくありません。サングラスやUVカット効果のあるめがねなどをかけて外出するようにしましょう。あとは、十分に睡眠をとることや、定期的に目を休憩させることも大事です。体のためにもよいことばかりですので、老眼予防のためにぜひ実践してみてくださいね。

Copyright© 2018 早めの予防が老眼対策になる~毛様体筋が衰えないようにする~ All Rights Reserved.