早めの予防が老眼対策になる~毛様体筋が衰えないようにする~

目の老化は眼鏡で改善

目

自分にあった眼鏡探し

普段からパソコン作業などを多く行うことが多い方などは、どうしても目の疲れやかすみ、乾燥が目立ちやすくなってきます。特に40代になると早い人は老眼の症状が目立ちやすくなってきます。老眼の症状としては、新聞や本などの細かな文字が読みにくくなったり、30センチほど離れた状態で物を見ようとした時にはっきり見えないという点が挙げられます。これは瞳の中の水晶体の弾力性が低下してしまうことで、硬くなりピントを調整する機能がきちんと働かないことが原因の一つといわれています。また視力にあっていない眼鏡を使い続けていると、見えづらい状態が長時間続くことになるので目に負担がかかりやすくなり、肩こりや頭痛などの体の調子を崩す原因にもなりえるのです。そこで老眼予防を行うために、一番手軽に行えるのが老眼鏡を利用する方法です。市販されている老眼鏡を装着するようにすると、約30センチから40センチ先の距離にあるものを見る場合も目に負担がかかりにくくなり、瞳のピントが合わせやすくなるので眼精疲労や、肩こり、頭痛などの症状を予防する効果を期待することができます。ただ普段眼鏡を使用している方は、遠近両用の眼鏡に切り替えることによって老眼を予防することも可能なので、一度眼科など医療機関に相談をしてから自分にあった眼鏡を作成することが一番の近道となります。また老眼予防には生活習慣を改善することも重要になります。健康な瞳を維持するためにも規則正しい食生活や十分な睡眠、適度な運動を行うことが重要です。

Copyright© 2018 早めの予防が老眼対策になる~毛様体筋が衰えないようにする~ All Rights Reserved.